原稿作成時の注意点

原稿作成時の注意点

・サイズ・とじ方向・製本方法
・数・色・紙・モアレなどの注意点。
■サイズ
同人誌ではB5やA5の規格サイズが主流ですが、印刷機で刷れるサイズであれば基本的にサイズに決まりはありませんのでご自由にお作りください。 しかし、変形やサイズによっては製本工程にて追加料金を頂く場合もございますのでご注意ください。
イベント用ポスターはB0やA0のサイズが人気です。

■とじ方向
表紙を見て右を綴じていれば右とじで、左を綴じていれば左とじといいます。
右とじは右から左へ文章を読んでいく縦書きの場合に使います。 漫画や小説などのほとんどは右とじですので同人誌も右とじが主流です。 左とじは左から右へ文章を読む横書きの場合に使います。

■製本方法
【無線綴じ(並製本)】
コミックや文庫本で使われる背をのりで綴じる方法です。 ページ数を2ページ単位で設定出来、厚みのある本に適してます。
背表紙部分の作成も必要となる場合もあります。
 
【中綴じ(並製本)】
週刊誌やパンフレットで使われ背の部分をホチキスのような針金で綴じる方法です。 ページ数は4ページ単位の設定となります。 厚みのある本を作成する場合は注意が必要となります。 表紙と裏表紙の真ん中で折られますので背表紙は必要ありません。
 

【糸かがり綴じ(上製本)】
絵本や辞典で使われる本文を糸とのりでしっかりと綴じ厚めの表紙でまく方法です。 ページ数を2ページ単位で設定出来、高級感のある本や丈夫にしたい本に適してます。
背は平らな角背と、丸みを持たせた丸背があります。
 
■ページ数
【表紙】
表紙は表1(表紙表)、表2(表紙裏)、表3(裏表紙裏)、表4(裏表紙)の計4ページとして数えます。

【本文】
紙には表裏がありますのでページ数は偶数になりますが、中綴じの場合は4ページが基本単位となりますので4で割れないページの注文は出来ませんのでご注意ください。 無線綴じの場合はのりでくっつけるため、制約はありません。
 

■色
【CMYK】
オフセット印刷で使う基本の4色、シアン(Cyan)・マゼンタ(Magenta)・イエロー(Yellow)・ブラック(Keyplate)の頭文字をとった呼び方です。 ブラックだけKey plateと業界的な名称で色の呼び方ではないのですが、Blackの最後のKや黒のローマ字呼びでKuroのKとでも覚えて貰えればよいです。
CMYの色の三原色の組み合わせによりほとんどの色の再現が可能ですが、掛け合わせによる黒では綺麗な黒色の再現が無理なためKが必要となってきます。(右図参照)
印刷物はCMYKで再現されるため、RGBのデータ等はCMYKに変換されてから印刷されます。
 

  【RGB】
赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)の頭文字をとった呼び方で、光の3原色といわれる色の表現方法。 パソコンのディスプレイやテレビ、携帯電話などはRGBで表示されていますが、オフセット印刷の際はCMYKに変換しますので、発色のよい色はくすんでしまいますので注意をしてください。
※データ篇RGBデータについて参照


■紙
当社にて入手できて、印刷・製本できる紙であればOKです。 紙の厚さにより当社にて印刷出来ない場合もございますのでお問い合わせください。
カラー印刷は紙によっても色味が異なります。コート系の紙は再現性が良いですが、上質・コットン系の紙はインクを吸収しますので印刷が落ち着き色が沈みます。
また、色の付いた紙に印刷すると紙の色に影響されます。例えば、黄色い紙に青色で刷ると緑っぽい印刷となってしまいます。メタルのインクは不透明ですので影響はされません。

■モアレ対策
モアレが起こる原因は、従来のAMスクリーン印刷の規則的にドットが並置されているが故に起こる現象でありました。 そこでニシムラではFMスクリーンを導入、FMスクリーンはドットの配置が規則的でなく、スクリーン角度が存在しないためモアレが発生しなくなりました。 階調は20ミクロンの極小ドット(175線の網点2%位のドット)の数で表現することで連続階調が美しく、細部の再現性も高い超美麗な高精細印刷が可能になりました。 超美麗であるのならすべてFMスクリーンで良いのではと感じるかもしれませんが、ハイライト部でドットが飛び気味になるためザラツキ感がでてしまいます。 また、長年やってきたAMスクリーンは安定性があり印刷にやわらかい雰囲気がでますので、好みにあわせて使い分けてください。

※画面上ですでにモアレが発生している場合は解消されません。
 


このページのTOPへ