原稿作成時の注意点

原稿作成時の注意点

・塗り足し・背表紙幅・ノドと小口
・見開き・多色単色刷・蛍光ピンク
・PP・アダルト表記などの注意点。
■塗り足し(タチキリ線)
本の端まで漫画を描く場合には塗り足しが必要となってきます。塗り足しが無い状態で断裁をしますと仕上りに白が出てしまい見栄えが悪くなってしまいます。 塗り足しは仕上りサイズより3mmほど広く描いてください。

■背表紙幅
背表紙幅は無線綴じの場合は必要となります。本文ページ数や紙の厚さにより変わりますので表紙、裏表紙をまとめて作成する時は背表紙幅も加えたサイズで作成ください。
(例:B5本・背表紙5mm 幅:表紙182+背表紙5+裏表紙182+塗り足し6=375mm)
背表紙幅はお問い合わせ頂くか、簡易自動見積りでも背表紙幅が出せますのでご利用ください。表1・表4の背表紙部分にタイトルなどの文字をいれる場合は2mm以上必要となります。
背表紙幅の部分を表1からとるか表4からとるか半分ずつとるか記入をお願いします。無い場合はオペレータの判断で作業を進めさせて頂きます。

■ノドと小口
【ノド】
本を綴じる側の名称。 無線綴じの場合は本文を開くとノドから数ミリの部分が見えにくくなりますので、ノド側に寄せて描く場合はその事を頭に絵やセリフを入れてください。

【小口】
ノドとは逆に本を開く側の名称。 中綴じの場合は柱やノンブルなど同じ位置に配置して置きたいものなどがありましたらズレが生じますので注意してください。
製本方法【中綴じ(並製本)】の注意点参照
 

■見開き
無線綴じで見開きを単ページで作る際は、平面上でぴったり合うように作成をすると、製本した際にノドに食われてしまい重複部分ナシ右図のようになってしまいますので、 3〜5mm程(紙の厚さやページ数によって調整してください)重複させていただくと製本されたときにキレイに見えます。重複させますので小口ギリギリの文字等は気をつけてください。 一枚物の原稿の場合はこちらで処理をしますが、小口ギリギリに文字がある場合はこちらを優先しますので原稿作成の際は注意してください。

■データ・アナログ原稿
データ原稿とアナログ原稿が混在していても入稿可能です。1ページ単位で混在は可能なので気にせず原稿をお作りになってください。 入稿の際に簡単な台割表をつけて頂けるとありがたいです。

■多色・単色刷り
多色刷や単色刷でスミで無い場合は、色見本を付けて頂くかDIC、PANTONEのナンバーでご指定下さい。

■蛍光ピンク
人物の肌等をマゼンタの変わりに発色のよい蛍光ピンクを使うことで濁りのないキレイな肌色に仕上げることができますが、褐色の肌などは蛍光ピンクで作成しますと変な仕上りになってしまうので注意してください。

【差し替え4色】
通常4色のマゼンタを蛍光ピンクに差し替えます。 肌などはキレイになりますが、赤い色はオレンジに、紺色は紫ぽくなり、全体的に明るめの感じになりますので、赤を使ったもの暗い雰囲気の絵柄には不向きです。 淡い色合い、やわらかい明るめの絵柄に最適です。

【特練4色】
通常4色のマゼンタに蛍光ピンクを混ぜて作ったインクを使用し凡用性が高く、肌はキレイに、赤も明るめにはなりますが、やはり濃い色には少し弱めになりがちです。

【5色蛍光ピンク】
通常4色と蛍光ピンクを使うことで、発色のよい肌と、【差し替え4色】や【特練4色】では再現が出来ない赤や濃い色も問題なく出せますが、蛍光ピンク版の作成が必要となります。 蛍光ピンクはマゼンタより少し濃い目に作ってください。別途作成代が必要となりますが、当社にて作成致しますのでお気軽にご相談ください。
蛍光ピンクをいれる場所は指定をください。指定がない場合はオペレーターの判断で作成させて頂きますのでご了承ください。

■PP
クリア・マットPPをかけると、赤みが増えたように見えます。特に肌の色に影響がでやすく、白い肌は影響が薄いですが、褐色の肌や、赤みを帯びた肌などは影響が濃くでますので、その辺りを考慮して作成をお願いします。
マットPPは、他にも全体的に色が白けて見えます。

■アダルト表記
  18禁の同人誌を作る場合は、その本の表紙に「18禁」、「R-18」、「成人指定」、「ADULT ONLY」などの表記を必ず入れなければなりません。 デザインは自由ですが見やすくはっきりと分かるように入れてください。


このページのTOPへ